前へ
次へ

ローズヒップオイルを美容に使う

ローズヒップはバラの果実でビタミンCが多量に含まれているので昔から食用として摂取されていました。ヨーロッパでは第二次戦時中は不足していたビタミンCを補うためローズヒップを摘んで食した記録が残っているほどです。近年食用だけでなく実から採れるオイルを美容に利用するのがブームになり現在では定番化して様々な化粧品に使用されています。ビタミンCで肌の活性化を図りキメを細かくする効果があり、その上ローズヒップ特有の香りがあるため合成香料を混入させる必要もないので天然成分を看板とする化粧品メーカーはこぞって商品化を進めています。食べて良し・塗って良し・香って良しとローズヒップは美容には欠かせない原材料となっています。

Page Top